わたしたちの仲間を紹介します。

飲食店からauショップへ。
店長を目指して、スキルアップに取り組んでいます。

auショップ小野店 副店長伊藤

一度は離れようとした接客業に、再チャレンジ!

前職は飲食店で接客をしており、転職をする際に今度は接客以外の仕事をしたいと考えて、当初は事務職に応募しました。社長と面接する中で「接客業が向いているから、頑張ってみないか」と提案され、キャリアアップや給与面も考慮した上で販売コーディネーターとして働くことを決心。ゼロから知識を覚えないといけないため苦労もありましたが、1年ほどで覚えられました。前職の接客経験を活かせたことや、先輩たちの助けも大きかったです。入社当初はマニュアル通りの接客をしていましたが、現在はお客様の理解度に合せて説明する内容を変えるなど向き合った接客を心がけています。取り組みのおかげか、お客様アンケートで高評価をいただいて社内で表彰されたこともありました。ショップスタッフの仕事は若い人が活躍する印象を働く以前は持っていましたが、いまでは年を重ねた分だけ活躍できると感じています。なぜなら、お客様は親身になって話を聞いてくれるスタッフを求めているからです。人生経験を積み重ねることで幅広い相談に乗れるので、10年20年と続けることでお客様満足度を高められると思います。一度は離れようと考えた接客の仕事ですが、選んで正解でした。

みんなで協力して達成した好成績。これからも協力体制で頑張りたい。

私が勤務する「小野店」は、2018年2月下旬にリニューアルオープンしました。新しい店舗になったことで気持ちも新たに、全員で好成績にしようと目標達成に取り組みました。私自身が心がけたのは、スタッフのモチベーションの維持です。大変なときこそ笑顔で周りに声をかけ、みんなを励ましました。そういった行動を会社側も評価してくれ、2017年にチーフへ昇進。2018年の6月には副店長へ昇進しました。より全体を見る意識が強まり、スタッフのサポートを考えて動くようになりました。結果として例年以上の売上を達成し、KDDIが定める店舗のランクで「A」を取れたことを誇りに思います。大きな成果を残せた背景には店長の存在もあり、みんなを引っ張るリーダシップもさることながら、スタッフへの気づかいも素晴らしいです。私も同じように頼られる店長になることが今後の目標で、そのための努力は惜しみません。労働環境の改善も進んでおり、2017年より残業も大きく減りました。早く帰宅できるようになったので、子どもと食事を楽しみ、お風呂に一緒に入ってリフレッシュしています。仕事もプライベートも大切にしながら、より高いステージに昇れるように努めます。

© 2019 有限会社 親和創美